FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷲宮神社の絵馬の修復

fc2blog_20150128170824c7b.jpg

fc2blog_20150126141118ab0.jpg

fc2blog_201501261413151a3.jpg
平成27年1月25日(日)晴天日、さいたま市岩槻区の鷲宮神社の拝殿改修工事の竣工祭・落成式に伺いました。
寒い日ではありましたが、真っ青に晴れ渡った気持ちの良い、式典には最高の日和でした。

fc2blog_20150128170802760.jpg

fc2blog_20150128165506d03.jpg

fc2blog_2015012816553136b.jpg
この神社の歴史は約420年前に遡る程だそうです。
今回の式典は約150年前に建てられた拝殿の改修です。

fc2blog_20150128170741fb3.jpg

fc2blog_201501281657503ff.jpg
この地区では240年前ごろに盛んになった伊勢神宮を参拝する伊勢講の際に、代表として参拝した人々が行けなかった地域の人の幸せを願って絵馬を奉納したそうです。
現在、4枚の絵馬が残っています。

fc2blog_20150128165947e12.jpg

fc2blog_20150128170725c75.jpg
一枚の絵馬には「文久三年癸亥年正月三日」と記されています。
弊社はこの4枚の絵馬の木枠(額)でお手伝いをさせて頂きました。

fc2blog_20150128170100113.jpg

fc2blog_20150128170007a19.jpg

fc2blog_20150128165729dc4.jpg

fc2blog_20150128165713141.jpg
また、4枚のうち2枚を埼玉県日本画の大家の黒澤正先生に修復をして頂きました。

残りの2枚は黒澤先生曰く「当時の相当な腕前の絵師によるものだろう」「これはこのまま手を加えずにこのままに残した方が良い。文化的・歴史的に貴重だ」、ということで敢えて修復はしませんでした。
fc2blog_201501281701182eb.jpg

fc2blog_20150128165923c57.jpg
確かにシッカリとした構図で、一つの絵巻が醸し出す「物語」が観る者に伝わってきます。

fc2blog_2015012817060573b.jpg

fc2blog_201501281705142a7.jpg

fc2blog_20150128170459040.jpg
式典には弊社の雪山光恵会長も一言挨拶をさせて頂きました。
又、黒澤先生がこの絵馬の絵画的のみならず、文化的・歴史的を述べられました。

埼玉新聞27128
後日、埼玉新聞(平成27年1月28日7面)に記事が載りました。

スポンサーサイト

絵馬修復の引取作業

先日のある晴れた日に、岩槻の神社の絵馬を引き取ってきました。
これは昨年からご相談を受けていたものなのですが、神社の建て替えに伴って古くなった絵馬も修復(というより見栄えを良く)したいとの事でした。
そしてこの日はその4枚の絵馬の引取作業を行いました。



引取作業といいましても、そのほとんどの作業(取り外し、絵馬を降ろす作業)は、神社の氏子さん達にやって頂きました。
(有難うございました。)



これらの絵馬は各々時代は違うらしいのですが、その時々の氏子さんたちが伊勢神宮に参拝した際にその証(記念)として、こちらに持ってきたものだそうです。
ですので、4枚の絵馬は各々大きさも、絵柄も、その額装も、色々でした。



修復にはまだまだ時間が掛かりそうですが、ゆっくりはしませんが、しっかりとした作業をしてゆきたいと思います。



この神社は本殿以外はすべて新しく建替えられるそうです。


テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

「東八拳」番付表の修復

珍し『東八拳』の番付表を修復しました。
お客様の長津様のご依頼の品です。

東八拳とは江戸時代の中頃に酒席での座興として始まった、『じゃんけん』のような遊びだそうです。
じゃんけんと同じく三つの道具で競いますが、それは「グー」「チョキ」「パー」ではなく、「狐」「鉄砲(猟師)」「庄屋」だそうです。
どの『道具』がどれに勝つかは想像してみてください。
詳しくは東八拳の公式サイトをご参考に。
http://www.post.or.jp/tohachi/index.htm

長津早苗様 ビフォア480×640

長津様はその古い番付表をお持ちでしたが、それの傷みがひどく修復をご依頼されました。折り目、擦り切れ、で七か所にバラケテおりましたものを継合せて、軸にいたしました。
長津早苗様 破れ本紙640×480

元のあったシミなどの汚れを取った後にスッキリとした、しかし温かみのある仕上げに致しました。
長津様、大変貴重なものを有難うございました。


長津早苗様 アフター480×640

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

佐々木様の掛け軸を修復

浦和店のお客様、佐々木様の古くなった掛け軸を修復いたしました。
佐々木様サムライと若ビフォ

佐々木様は多くの掛け軸をお持ちなのですが、この最初の軸は長年の経過により横スジが多く入り、それが破れとなっておりました。
修復は裏側より横筋を埋め、しみ抜きを行いました。軸先は黒壇を使用。布は作品をより美しく見せるように明るい裂地で仕上げました。
佐々木様さむらいと若アフター

 2本目はかなりの破損と汚れがありました。
作品全体を新井、破れた個所を補修し、表装をし直しました。

武士と馬

このように修復は破れやや汚れを補修するだけでなく(布地を新たにすることにより)、作品自体に新たに息吹を吹き込んで甦らせることができます。そうすることにより、長く伝わってきた(伝えてきた)大切な家の思い出が詰まったものを、改めて大切に伝えてゆこう、という気持ちになります。

この年末に改めて家(実家)の大切なものに心を向けるのも良いのではないでしょうか
プロフィール

雪山

Author:雪山
雪山堂ホームページ:
額縁・額装・表装・絵画・文具・修復

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。