FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県展

埼玉県立近代美術館にて5月29日から6月20日まで県展(無料)が行われています。DSC_0321.jpg

5月30日に行ってきましたが、開催2日目ということもあり多くの人々が来場されていました。
県展では油絵、DSC_0338.jpg
日本画、書道、DSC_0343.jpg
写真をはじめオブジェから、陶芸からDSC_0348.jpg
、着物から、と多岐にわたった展示をしており、大変興味深く楽しめました。
スポンサーサイト

草間彌生展に行きました

『草間彌生展』を埼玉県立近代美術館で観てきました。
天気も良く、日曜日でもあり、展示最終日(5月20日、日曜日)でもあり、金環日食前日ということもあり(これは関係ないか)、お客さんが一杯でした。しかも美術展としては子供づれの方々が多く、会場は賑やか、とまではいきませんが、気持のよいおしゃべりや、楽しそうな声が伝わってきていました。
DSC_0299.jpg

展示会場前の置かれたオブジェは誰でも写真可能でしたし、展示会場内でもオブジェは撮影可能だったのも、驚きでした。">DSC_0301.jpgDSC_0296.jpg

さらにある小部屋(一度に小人数しか入れませんので行列でした)が設置されており、その中には無数のライトが吊られ、足元は池があり、十数秒の幻想・宇宙空間を体験もできました。とにかく楽しい、笑顔になる展示会です。
何より草間さんの作品が人々を『明るく』『楽しく』『嬉しく』させてしまう力を持っていました。

しかし現在草間さんは精神病院から自分のアトリエに通っているそうです。創作活動は自分が自殺するという恐怖を、乗り越えるために行っている(一種の『薬』)そうです。創作する事自体が自分をこの世に引きとめ、生き抜く原動力なのですね。それゆえに、草間さんの作品(特に最近のは)本当にみる人を『明るく』『楽しく』『ハッピー』にしてくれます。
DSC_0295.jpg

本当の苦しみや悲しみ、そして孤独を味わったものでないと、真の『明るさ』、『楽しさ』、『嬉しさ』は出せないのでしょうね。

安全なのに… 安心してもらいない

額・絵画は楽しみたいけど、地震などが怖くて壁には安心して飾れないので、仕方がなくテーブルや棚に立て掛けている、というお客さまが今でも多くおられます。その気持はわかります。でも、額や絵画を立て掛は安全ではありません。
額や絵画は壁に掛けるほうが、立て掛けるよりもよっぽど安全なのです。事実昨年の地震(3.11)でも、当店で壁にかけていた額・絵画で落ちたものはひとつもありませんでした。(多少傾いたぐらいです。)一方、立て掛けて展示していたフォトフレームは何個かは落ちて壊れてしまいました。
が、しかしいくら店のスタッフより壁掛けの方が『安全だ』と言われても、実際に地震で額がグラグラ、ぶらぶらと揺れているのを見ると、『怖い』『不安だ』(つまり『安心できない』)という声はものすごく気持は判ります。昨年の地震で私は店にいたので、あの揺れの中で額や絵がいつ落っこちてこないかと、気がきではありませんでした。お客さまの頭にでも落ちやしないかとものすごく不安でした。
ですので、お客さまに壁かけの方が『安全です』とは伝えますが、それでも不安のある方にはそれ以上壁かけはお勧め致しません。安心は心理的ものなので。
とはいえ、安全をより確かにする商品は増やしています。そのひとつがセイフティフック(別名ばね式フック)です。
IMG_0224_convert_20120508173344.jpg

(写真参照)フックにストッパーが付いており(スミマセン。写真ではわかりにくいです。)紐をひっかける時は、通常のフックのように取り付けられますが、紐を外す際にはこのストッパーを指で押さないと紐が外れない仕掛けになっているので、地震で落ちることは理論的にはありませんので安全です。
またフック以外にもセイフティワイヤーやピクチャーレールでも額が構造的に地震で落ちない工夫がしてある商品が多くなってきています。
但しいくら商品の安全面を強化しても、不安を持っているお客さまの安心を増やすことは出来ないようです。これは別次元の事のようです。
最後に、多少安心を多少増すアドバイスを。
額や絵画が落ちる一番の原因は紐の劣化です。紐は額などの裏側に隠れてしまい、通常私たちの目に触れていませんので、どうしても注意がゆかず、落ちて初めて紐が劣化していた事に気付きます。安心の為のアドバイスとしては、まず年に1回(例えば年末の大掃除の時)でいいので紐を点検してみてください。

プロフィール

雪山

Author:雪山
雪山堂ホームページ:
額縁・額装・表装・絵画・文具・修復

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。