FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島賢治展

浦和店をご利用の油絵の若獅子、高島賢治さんの展示会が再び銀座のギャラリーにて行われます。
高島展
期間は9月17日(月)から22日(土)までの1週間です。
場所は『ギャラリーミハラヤ』(中央区銀座1-4-6.TEL03-3564-4466)です。
高島さんの写実作品は描写力に定評があるだけでなく、その深く心に残る色使いが特徴です。
是非皆様の目でその画風をお確かめ下さい。
スポンサーサイト

松丸裕子絵画展(花・人・街)

松丸裕子さん(浦和店を長くご愛用して頂いているお客様、女子美術大学卒)の絵画展示会が浦和伊勢丹7Fで開催されます。
松丸展1
期間は8月29日(水)から9月4日(火)までです。
松丸さんの作品は美しく且つ躍動感あふれるタッチもので、観る人を楽しくさせてくれます。
お時間のある方は是非、伊勢丹7Fまでお越しください。

土谷京子先生展示会のお知らせ

浦和店をよくご利用される土谷京子先生の展覧会が2つございます。
土谷先生は切り絵の先生で地元をはじめ数多くの展示会を行っております。
先生の切り絵はその優雅な線使いと美しい色調が特徴です。
是非、お時間をみてお立ち寄りください。
土谷展1
最初の展示会は単独で9月20日(木)から9月25日(火)まで、志木市の『ギャラリースペースM』(志木市本町1-2-2.TEL048-474-8486)で開催されます。
志木へは浦和駅西口よりバスで、20分ほどだそうです。

土谷展2
2つ目(こちらのほうが先に行われますが)はグループ展です。
こちらは9月3日(月)から8日(土)まで、銀座の『ギャラリースペースQ』(中央区銀座7-3-6ウェストビル2F.TEL03-3572-4550)にて開催されます。

お近くへ行かれる方は是非お立ち寄りください。

アンコールワットの想い出の油絵

さいたま市の友成様がカンボジアに旅行をされた際ご購入されたアンコールワットの油絵を額装されました。
IMG_0302.jpg
油絵のサイズ自体が大きく(約90x35cm)、また日本規格外でしたので、モールディング(オーダーフレーム)にされました。
当初の予算は1万円ほどをお考えでしたが、写真の額が気に入られ、結局3万円を超えてしまいました。が、この額と作品とは本当によくマッチしおり、価格以上の価値があります。
IMG_0304.jpg
IMG_0305.jpg
夕焼けのアンコールワットを、渋いアンティークゴールドの額縁が、ゆったりと囲い、より深い趣を醸し出しております。
額装の外寸が約1mx40cmの大作の作品ですので、やはり納得がゆく、後悔しない額縁選びは大切だと思います。
IMG_0306.jpg
きっと友成様は、この作品をご覧になられる度に、旅でのさまざまな風景や人との触れ合いの『思い』が甦ることでしょう
(ちなみに友成様自身も油絵を描かれるそうです。その際、旅の思い出の絵画は、ご自身の作品にさまざまな刺激を与えてくれるそうです。)

般若心経の額装

さいたま市の斉藤様の親御さんが書かれました『般若心境』を額装させて頂きました。
当店にはよく『般若心境』を裏打ち&額装される方はおられますが、これほどの大きさ(約72x52cm)
『般若心境』はそう滅多にはありません。

『般若心境』はとても丁重に書かれ、それに掛けた思いが伝わってきます。
また一文字一文字にルビまで振っております。
そこに本当に一筆一筆に心を込めているのですね
IMG_0299.jpg
IMG_0300.jpg
その大切な『般若心境』を大事に残したいという斉藤様の想いを受け、
手打ちの裏打ちを施した後、額装は少しモダンな雰囲気で仕上げました。
使用した額はアルミ額のDLで、サイズは大判(85x66cm)です。
そして裏打ちした『般若心境』を、ゴールドのライスペーパーメタリックでマット装を致しました。
ちなみに総額は3-4万円程です。
IMG_0301.jpg
斉藤様、誠に有難うございました。
プロフィール

雪山

Author:雪山
雪山堂ホームページ:
額縁・額装・表装・絵画・文具・修復

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。