FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和綴じ本が人気なんですね

和綴じ本(イメージ)
(この画像はイメージです。当店には御座いません。)

先日に知り合いの制本屋さんと話していたら、最近和綴じ本の需要があり、専用の部材(特注)を業者さんに頼んでいるところだ、といったいました。

そういえば、と思い出したのですが、先日の「裏打ち講座」の際も、受講生から和綴じの講座があったらよい、との声もありました。

浦和店に、和綴じ本ではないのですが、掛け軸に使い布の端財とマットを利用して(遊び感覚で)作った、和綴じ風のサンプル品も何人かのお客様が、興味を持ったという事も聞いています。

当店は額装屋さんですので、和綴じの技術も材料もありませんが、額装の技術と手に入る材料を使って、「和綴じ風」のモノを作ってみても面白いの方、と思ってます。

スポンサーサイト

雪山堂の強みを再確認

先日上尾店開店に伴って、
東京新聞ショッパーさんの取材を
受けました。

この中で、当店の特徴なり、
お勧め商品・サービスを
説明しました。

例えば額縁とマットの組み合わせの
提案を親身になって伺えるとか。

(在庫があれば)当日に
額装品をお渡し出来る事、
又掛け軸も出来ますし、
更には修復(掛軸、絵画、額縁)も
できる事、等々。

しかし、当店の1番の強みだな~、
と改めて認識したことがあります。
それは、当店スタッフは
皆女性であることです。
それ故接客がとても親身で、
丁寧で、温かみが、
あることです(⌒▽⌒)

通常町の「額縁屋さん」と言うと、
男性のスタッフ(オジサン?)
という印象がありますが、
当店は逆だなぁと思いました。

当店のお客様のほとんどが
女性のお客様です。ので、
こうしたスタッフが居ることで、
より入り易く・相談し易い
環境にもなっているのかな、
と思います。

結構自分たちの強み・良さって、普段はあまり判らない・気付かないものなんですね。

第二回目の裏打ち講座

先日5月25日に『よみうりカルチャーセンター』(浦和パインズホテル地下1階)で、第二回目の裏打ち講座を行いました。



当日は9名の方が参加しました。



講師の九嶋から「裏打ち」の簡単な説明を、テキストを元に座学した後は、受講生の方々に実際に裏打ちを行って頂きました。



説明を受けていた時は、なんとなく「こんなものかな」と、イマイチ実感が無かったようですが、実際に裏打ちを手順通りに行う事により、実感で出てきたようでした。





大体「手順通り」する事が難しい。

工程を忘れたり、手順を忘れ前後が逆になったり、とまぁ色々でした。

しかし最後の方は、受講生の皆様も慣れてきて、スムーズな作業を行えるほどになりました。



最後に、質問タイムのときにはかなりリラックスして、様々な意見や質問が出ました。

この時、要望が出た和綴じ本や、簡単なタペストリー作成などの、講座を検討中です。

有難うございました。

書家の上島さんが遊びに来ました

フェイスブックでお友達になりました
書家(カリグラファー)の上島ふみ子さんが
浦和店に遊びにいらっしゃいました。
そして色々とお話を致しました。

ふっと、お話の中で「書」で食べてゆく(生活する)、
大変さのお話になりました。(書だけに限りませんが)

常道は「偉い」先生の下で、「実績」を積み重ね、
階段を一つ一つ上がる、という道なのでしょう。

が、その代わり、師匠の指導のもとなので、自分の道(色)を、
中々出しずらい事もある、のかもしれません。

かといって、「わが道をゆく」は
言うは易し、行うは難し
(行い続けるはもっと大変)

上島さんと雑談をする中で、
当店の額装・表装の技術やアイデアで
なんとか、多少でも、
上島さんの作品の個性(たち)を
際立たせたいな~、
出来ないかな~、
でも、
ちょっと大変~

が、
面白そ~だ!

と思いました。
(まだまだ具体的案には落とし込めていませんが)

自分の個性(たち)を
大切に、
が、
一方、その本・基(親兄弟、師匠、同僚・仲間、支援者)への
こころ配り・おもいやり、
感謝も
大切に、
大事に、
した、表現、を(の)

お手伝いを、
したいな~、と
思いました。

上島さんのホームページと、フェイスブックページは下記です。
皆さんも是非、ご覧になってください。

http://www.kofude-artshodo.com/
https://www.facebook.com/fumiko.kamishima

タクワ寫眞館


浦和店のお客様のタクワ写真館さんへお邪魔しました。

タクワさんとは永年のお付き合いをさせて頂いてさせておりますm(_ _)m



タクワさんは地元大宮で本当の多くの人々・家族の写真を撮られ続けて、多くの方に愛されています(^_^)


本日伺ったのは、当店の額装品をタクワさんのお客様にも、何かお役に立つことが出来ないものかな~、と思い伺いました。



この品は当店からサンプル提供させて頂いたものです。
因みに写真のモデルは娘さんだそうです。^ ^


タクワ寫眞館の家具・調度品や、額縁(ここはホンのチョット貢献してる?)といい、店主のセンスが光っています。


タクワさん、有難うございましたm(_ _)m
プロフィール

雪山

Author:雪山
雪山堂ホームページ:
額縁・額装・表装・絵画・文具・修復

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。