FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油絵を屏風へ


フランスの芸術家のMarc-Antoine Squarciafichi (愛称ではマークエステル氏)が弊社の工房にいらっしゃいました。
マークさんはフランスの外務省にお勤めの後に、芸術家になられた異色の経歴をお持ちです。



マークさんの絵画は油絵(それも独自の色配合をされています)で描いています。
ユニークなのがそのモチーフです。



日本で描かれる時(フランスと香港にも工房をお持ち)は日本書紀の神話をテーマにして描かれています。
この作品もそうです。



この作品は元はキャンパスに描かれていたものですが、マーク氏が屏風仕立てにして、伊勢神宮へ奉納したいというご希望をお持ちで、その作業を弊社工房にてさせて頂きました。


実はこの作業は結果的には大変手間の掛かるものになりました。
キャンバスの釘を木枠の内側に埋め込んだり、
独自に工夫をして蝶番を取付けたり。



更に二曲の屏風を2組作り、それを合わせて四曲の屏風を作ったのですが、
先の蝶番も苦労をしたのですが、各曲の側面の金色も独自の方法でした。



何せ、油絵を屏風にすること自体、今まで経験したことが無い事なので、
作業を進めてゆく中で、様々な難問にぶち当たりながら、解決策を考え、
実践して、試してゆく、という工程を工房の九嶋がしてくれました。
九嶋さん、有難うございました&大変お疲れ様でした。


埼玉新聞H26年 (2000x1407)
この事は地元の埼玉新聞にも取り上げられました。
(この記事は拡大しますので、お読みください。)


この記事を書いて頂いた埼玉新聞の新井記者です。
この新井記者がまたすごい人でした。
先ず、大学時代は万葉集の研究をしていた方なので、
日本書紀を基に創作活動をしているマークさんとは気が合いました。
更に、マークさんは元々中国語が堪能ですが、
新井さんも中国に留学していたことも取材がスムーズ&奥深くなりました。
新井記者へも、心より感謝いたします。





スポンサーサイト

エルメスのスカーフ額装


浦和店のご常連様から、新たなエルメススカーフの額装をご注文を頂きました。
そしてその額装品をご自宅に届けた際に、ご許可を頂き写真撮影をさせて頂きました。


このご常連様はここ数年当店にて、エルメススカーフの額装をされています。
当店ではシルクスカーフに裏打を施したのちに、モールディングで額装をしております。



裏打ちを施しますとシワやヨリが伸ばされ、作品がより美しくなると同時に、裏に肌裏を合わせますので補強にもなります。

このお客様は銀座の額縁屋さんでも額装をお願いしたことがあったそうです。
が、そこはシルクは裏打ちしないで、巻き込みだけだったそうです。
それがお客様には少し気に入らずそして当店に辿り着いたと、お伺いした際に伺いました。


当店もご注文を頂ければ巻き込みもおこないますが、端を巻き込むためその分見える部分は少なくなる為、全体を見せたいという場合は、やはり裏打ちのほうが宜しいでしょう。

只し、シルクの裏打ちは職人の手間と技術が必要になります。その為にエクストラ費用と時間が掛かります。



こちらは以前に納めさせていただいた作品を撮影をさせて頂きました。
しかし上手く写真が取れませんでしたが、参考として載せます。

この撮影場所はご常連様のエントランスなのですが、そこに置かれている調度品もお洒落で上品で見惚れました。
その品々とエルメススカーフ額装とはその相性が良く、より品格の高い空間にとなっておりました。

この度は快く撮影とブログへのご許可を頂きましたこと、心からお礼を致します。
有難うございました。

池田洋子展


洋画家の池田洋子様の展示会『花たちよ』が浦和伊勢丹で開催されました。


今回の展示会で浦和伊勢丹では通算10回目となる記念の展示会です。


池田様はここ数年この展示会が行われ際には、当店にお立ち寄り頂き、気に入った額縁をお買い上げ頂いております。
(只、先生の気に入るものは中々手入りにくいものが多いので、苦労をしておりますが)
この写真を見てもお判りのように、池田様は額にもこだわりをお持ちです



この浦和伊勢丹ギャラリーでの展示は平成24年9月17日から22日まで開催されました。


池田様は上海でお生まれになり、女子美を卒業後に340年の伝統を有する世界最古のフランス・パリの国際公募展「る・サロン」へ毎年出品をしております。


また銀座松坂屋をはじめ、小田急百貨店藤沢店と町田店、
名古屋丸栄百貨店、新潟三越、などで毎年個展を開催しております。



池田先生の絵画のモチーフはお花で、その花々を独自の色彩と光彩で描き、このような池田洋子ワールドを展開しています。それをいつもファンの方々が毎年楽しみにしてご来場頂いているようです。


この写真にもあるような、ユニークは額を先生は好まれます。
実際に先に額を購入してから、その額からインスピレーションもらい、作品を創作することもあるそうです。

下記に先生の今後の日程を記しておきます。
2014年11月26日(水)~12月2日(火) 小田急百貨店町田店(第13回)
2015年4月22日(水)~4月28日(火) 小田急百貨店藤沢店(第19回)
2015年5月28日(木)~6月3日(水): 藤崎百貨店仙台店(第9回)
2015年7月9日(水)~7月14日(火): スズラン百貨店高崎店(第6回)
2015年11月25日(水)~12月1日(火): 小田急百貨店町田店(第14回)
(2015年度の浦和伊勢丹は店内改装のため会期は未定です)

裏打ち体験教室


先日(9月10日)に雪山堂上尾店で(上尾店では)初めての裏打ち体験講座を開催いたしました。


当日は水曜日。通常は上尾店の定休日なのですが、「特別貸し切り」ということで昼の1時から4時ごろまで開催をしました。


参加者は6名でした。実は応募者は(結果的に)15名以上を頂きました。
が、場所が狭いので、先着の6名様に限定をさせて頂きました。
第2回目(こちらも6名限定)を9月24日(水)開催いたします。
こちらの参加者も既に決定しております。
現在3回を検討中です。



最初は座学にて30分ほど簡単に裏打ちのやり方の講義を受けた後、いよいよ実践です。


この講座は上尾商工会議所の『街ゼミ』の一つとして実施をさせて頂きました。
10日がその『街ゼミ』の初日ということもあってなのか、朝日新聞の方が取材に訪れました。



ほとんどの方が裏打ちは初めてなので緊張感が漂っていました。
が、始めてみますと、皆さん笑顔があふれ始めました。





この日の男女比は半々でした。皆さん和気あいあいとした雰囲気でした。
が、作業の際は真剣そのもの。





上記2点の画像は、作品を撫で込みをしている場面です。




そして最終工程の「はがし」を終えて、ホッとした笑顔の表情。


最後は、笑顔の集合写真でフィニッシュでした。


体験講座の一部は下記でご覧いただけます。

昔ながらの写真館


昔ながらの寫眞館のタクワさんを訪問致しました。


伝統のある寫眞館なので、昔ながらの写真機が飾ってあります。
(写真が上手く取れなかったのでブログには載せませんでしたが)古い写真機が何台も、湿気調整付のボックスに納められておりました。



タクワさんの大宮の地で永年に渡り、写真館を営まれております。




タクワさんの撮られるお写真は、伝統的な落ち着いた雰囲気を醸し、そして撮られる方の心の温かさ、心情の良さが自然に表れております。(流石です。)


弊社のデザインマットの試作を観て頂きに伺いました。
タクワさんは伝統に固執するのではなく、テイストとして新しい事にも取り組む人です。



しかしその基になっているのは、しっかりとした素地を大切にしている技術と経験です。


こちらのモデルさんはタクワさんのお嬢様です。 演奏家としてご活躍しております。
今度東京芸術劇場で合同のコンサートを行うようです。



こちらがタクワさん…?、オッと!(汗)


失礼、こちらがタクワさんです。いつも笑顔を有難うございます。(笑)


プロフィール

雪山

Author:雪山
雪山堂ホームページ:
額縁・額装・表装・絵画・文具・修復

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。