FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画家の田中拓馬さんとさいたま小町と、雪山堂

田中拓馬さんはさいたま市出身の画家さんです。
下記のような一目見れば『あっ、これは拓馬さんの絵だ!』
とわかる画風の作家です。
(まぁ、個性がない作家ではこの世界生き残ってゆけませんが)
雪山堂とは数年前からご縁があります。


先日、あるお客様が拓馬さんの絵を持ってきて、額装を依頼されました。
この絵はこのお客様のお嬢さんが拓馬さんから頂いた、との事です。
そこで少しお話を伺いました。
実はこのお客様のお嬢さんが「さいたま小町」に選ばれ、その関連イベントで拓馬さんと会う機会があったそうです。

お客様は拓馬さんがまだ路上で絵を販売していた頃に、拓馬さんの絵を購入したそうです。
それ以来拓馬さんからご案内が届いており、お嬢様も拓馬さんの名前と絵には親しみを感じていたので、イベントで拓馬さんに会った際に、そのお母様の名前を伝えら、驚いた拓馬さんから『是非絵をプレゼントしたい』と、頂いたとの事なんです。
fc2blog_201411301257083b7.jpg

今後、お嬢様~詩生(うたみ)さん~は、次期の「さいたま小町」として一年間ご活躍になることでしょうが、本当に妙なご縁で、さいたま小町と田中拓馬さんと、雪山堂が結びつきました。
なんとなく、嬉しいことですね。

ちなみに額はモールディング22-8015型にフィレライナーのY-20158を付け、作品がアクリルに直に着かないようにスペーサーを間に入れてあります。サイズはサムホール(SM)です。
fc2blog_20141130124233a61.jpg

また、みなさん。
拓馬さんの大きな絵が、実は浦和店の壁ぎわに前からあることをご存知でしたか?
裏廊下側にありますので、今度ご覧ください。
fc2blog_2014113012421269f.jpg
スポンサーサイト

人形をトリプルマット額装

浦和店のお客様から人形額装のご注文を頂きました。
三体の可愛いお人形さんをスエードマットを三層にして額装をしました。
また、お人形の厚み(深さ)を収めるために、立体額装にしてあります。



お人形さんは三体ともテグス(透明の凧糸のようなもの)でマットに取り付けています。
IMG_1187.jpg

額縁はモールディングの18-6519型 サイズ(内寸)は176x226mmです。
ちなみにお値段は額縁+マット+加工作業代で約2万円でした。
マットはスエードマットのHS602+No4213+No4155です。

fc2blog_201411301314057d5.jpg

こうした作品をお部屋へ飾っておくと、お友達との会話も弾むことでしょうね。
fc2blog_20141130131348749.jpg



第一回うぶすな美術展~群馬県在京の美術家たち

群馬県出身の在京美術家が集まった『第一回うぶすな美術展』に行ってきました。
この展示会は上尾店で大変お世話になっています町田譽曽彦先生(二科展特選、埼玉県展特選)が音頭をとって開催されています。



先生のほかに在京で群馬出身の15名の作家(日本画、洋画、書)の作品40余点が展示されております。
生方純一先生(二科展内閣総理大臣賞受賞)、藤橋秀安先生(二科展埼玉支部長)、伊藤幹子先生(武蔵野絵画教室主催)、大塚勇先生(元国画会)、高橋正雄先生(日展入賞)、ハラダチエ先生(片岡球子に師事。主に音楽関係のポスターを手掛ける)、根岸よしこ先生(一期会)、本城順子先生(朔日会委員)、渡辺皓司先生(日本美術会)、竹淵直美先生(二科会会友)、柳田好美先生(群馬県美術展入賞)、石川翠陽先生(書壇院)、加藤彩坡先生(書壇院)が出展しております。



多彩な方々ばかりですので、作品もバラェテーに富み、本当に目を楽しませて頂きました。




開催場所はJR池袋駅西口から5分ほどの池袋画廊(豊島区池袋2-2 B1~上が大和証券)です。
会期は平成26年11月26日(水)から12月1日(月)。
時間は午前11時から午後6時半(最終日は午後5時)です。
料金は無料です。

fc2blog_20141127101706f6a.jpg



作品はF6号サイズの小さなものから、F100号の大きなものまで色々と展示されています。




お時間のある方や、お近くに寄られる用がある方は、是非お立ち寄りになってみませんか。



仏像だって額に入れて欲しい、と思っている! かも?

ある晴れた日、店に入ったらこんな物が!
仏様(観音様)が額縁に鎮座している。
(座っては・・・いないか)


観音様はある業者さん(行者さん、ではない)から手に入れたものを
あるスタッフが、額装したそうです。
ちゃんと切株の上にすっと立っている観音様と、この額がみょ~に合ってます。
fc2blog_20141123182813840.jpg

裏はどろ足(額縁の専門用語~深みを持たす為にベニヤなどで厚みをつける事)を付けて、観音様がちゃんと収まる厚みを作ってます。
fc2blog_20141123182719c27.jpg

深みは7cm以上あります。
fc2blog_20141123181236603.jpg

下から見上げるアングルで撮ってみました。
なんとなく拝みたくなりますよね。
ニュアンス的に、中国の奥地の石窟を、ちょっと思い出すような雰囲気。
fc2blog_20141123181213ed5.jpg

あるお客様がこの額装を見て、『私も小さな仏像をもっているのだけど、このようにできます?』
と問われました。
『もちろんです。』と応じました(笑)
fc2blog_20141123181143796.jpg

こうした立体物でも額装できるっんです!
(作ったのは私ではないのに、なぜか自慢調…)

ジョルジュ・バルビエの額装

浦和店のご常連様のA様がご来店され、ジョルジュ・バルビエの作品(本からの切り取り)を額装しました。
こちらはお気に入りの作品7点を一枚の額に入れました。



マットはスエードのネイビー色にし、更にマットの切り口にプロフィール面金(シルバー)を施しました。


この深い海色のネイビー色と面金のシルバーが一枚一枚の作品の輪郭をハッキリとさせ、引き立たたせています。


ちなみにこちらの額縁はA-20157、サイズ約51x40cmです。価格は19,300円程。
またスエードの7窓カットのお値段は7,000円程です。




こちらの作品も同じくA-20157のモールディングでつくり、サイズは約23x18cmです。
マットはキュリアスブルー(こちらはメーカー廃番です)のシングルマットです。



こちらもシルバーのフィレ面金を入れました。




こちらは艶やかで華やかさがある額装になりました。
額縁代は11,000円程で、マットは3600円程です。




最後のこちらの作品の額は、十年以上前にA様がウェルカムボードの額装に使った額を再利用して、お気に入りのカレンダーを額装しました。


こちらの作品はスエードのレッドを使い、シルバーのフィレ面金を入れています。
作品と、額と、マットが絶妙のハーモニーを奏でています。



額のサイズは35x43cmほどですが、この額は多分現在では入手は難しいでしょう。
ちなみにマット価格は5,000円ほどです。

プロフィール

雪山

Author:雪山
雪山堂ホームページ:
額縁・額装・表装・絵画・文具・修復

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。